​伝統的な紋様「霰」

南部鉄器の伝統的な紋様「霰」は一番最初にできた紋様と言われています。

岩手では冬になると、雨はよく霰に変わりこの表現ができました。

鉄瓶の肌に施された「霰」は職人の手作業によるものです。

均一な間隔と粒の大きさを揃える技は見事です。