用の美と暮らす 伝統的工芸品展   丸善日本橋店



生活様式が変わってきている昨今。

自分自身や家族で過ごす時間を見直し、少し丁寧に豊かな心で暮らしたいと思う方が増えてきたかと思います。

そんな方々に手作りの温かみや匠の技を感じて頂きたいと思い、全国に236種類ある伝統的工芸品の中から「岩手県 南部鉄器」「福井県 若狭塗箸」「広島県 熊野筆」「佐賀県 鍋島焼」を選びご紹介致します。

使い捨てにせず、良い道具と長く付き合い続けることは、これからの社会においても非常に重要な考え方になってきております。

そんな道具を皆様の生活に取り入れてみては如何でしょうか。


会期:6月30日〜7月6日(火)

会場:丸善日本橋店 B1階文具イベントスペース

営業時間:9時半〜20時 (最終日17時閉場)

ホームページ:https://honto.jp/store/detail_1575100_14HB310.html

<出展者>

【岩手県】

南部鉄器 幸工芸


国の伝統的工芸品に最初に指定された南部鉄器。

幸工芸は岩手県奥州市水沢に工房を構え、平安時代後期に始まった南部鉄器の伝統技法を今に受け継ぎ、一つ一つ丹精込めて手作りで制作しております。

鉄瓶で沸かしたお湯はまろやかで鉄分が含まれます。

鉄分不足の方はもちろんのこと、ご自宅でのお抹茶のお稽古やカフェタイム、和食のお出汁を取る際に最適です。


【福井県】

若狭塗箸 箸屋八兵衛


若狭塗は小浜藩の御用塗師「松浦三十郎」が支那漆器の一種存星をヒントに、海底の様子を意匠化して考え出したのがはじまりです。 産地である小浜市では日本の塗箸の80%以上の生産量を占めています。

若狭湾の海底を金箔やあわび貝、卵殻などを用いて表現した400年以上続く代表的なデザインのものから、モダンでシンプルながら数十行程をへて生み出される本格的な物までをご用意しています。

箸先は鶴の嘴(くちばし)と言われる特徴的な削りで使いやすさも一級品です。

期間中、お買い上げのお箸に無料でご希望の名前をお入れいたします。



【広島県】

熊野筆 玉信堂


玉信堂の筆は、世界各地から厳選して取り寄せた素材を使用し、 伝統工芸士である実森得全、中川聖峰をはじめ、熟練した技術を持つ筆司の手でひとつひとつ丹精込めて作られた手作りの筆です。 その筆は、国内だけにとどまらず世界が認める高級品として、多くのお客様にご愛用いただいているとともに、世界の一流ブランドに提供させて頂いております。

書道用の筆から、熊野筆の技術を生かし作られた、シンプルでありながらフルメイクが叶うお得な化粧筆セットも数量限定でご用意しております。



【佐賀県】

鍋島焼 龍仙窯


鍋島焼とは佐賀県鍋島藩で将軍家への献上、幕府の重臣や他藩の大名などへの贈り物に使うためだけに作られてきました。

御用陶工市川家の流れを組む龍仙窯では、鍋島の伝統的技法を極めると共に盛期の鍋島を超える作品を目指したいと念願しております。

色鍋島の高台鉢の中に有名な宝尽文を描いた縁起良い皿や初夏のひと時に冷たい冷酒を楽しめる酒器、これから季節に蕎麦猪口としても、冷酒や冷茶にもお使い頂けるサイズの猪口などの作品をご用意しております。



177回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示